加圧トレーニングってなに?

体にストレスを与えるトレーニング

私達の体は、重力の負荷を受けながら生活を行っています。地球にいるだけで、筋肉のトレーニングとしての効果を得ているのです。無重力の宇宙空間では、重力が掛からないため、体力が落ちるとも言われています。
体を鍛えるのであれば、体に負荷を与えながら動く事によって、体はその環境に耐えれる様な肉体作りに励もうとします。負荷の与え方は様々ですが、加圧トレーニングは、その負荷を与えるためのトレーニングの一つです。
加圧トレーニングは、酸欠状態を作り上げ、その酸欠状態の中で体を動かすトレーニングです。酸欠状態の環境は、酸素を運ぶための赤血球が足りないと体に錯覚を起こさせる事が出来ます。赤血球が増える事によって、脳と体の活動状態を高める事も出来ます。加圧トレーニングの考え方と似たような内容に、酸素の薄い高山でのトレーニングがあります。

美容にも良い効果を期待出来る

トレーニングと聞きますと、筋肉を鍛えるためだけのトレーニングだと考えてしまう方もいます。筋肉を鍛える効果意外にも、美容に対しても効果を期待する事ができるのです。加圧トレーニングによって、体を動かすと、体に大きな負荷がかかりまして、筋肉が壊れてしまう事もあります。体は、寝ている間に修復を行うのみならず、更に強い筋肉に作り変えようとします。
この様に体を修復するためには、成長ホルモンを必要とします。成長ホルモンは、新陳代謝を促し、新しい細胞へと作り変える大切な成分です。成長ホルモンは、筋肉のみならず、肌を作る細胞などあらゆる場所に影響を与えます。美容の効果を最大限に期待する事ができるのです。
加圧トレーニングは、成長ホルモンを増やすためのトレーニングだと言われる事もあります。酸欠状態とは、体に対して危険な状態を擬似的に作り上げるため注意が必要です。個人で行わず、必ず、専門知識を持ち合わせたトレーナーの下で行う事が大切です。