トレーニングと合わせて取るべき栄養素とは?

筋トレの基本はたんぱく質

最近流行りの加圧トレーニング。このトレーニングは、ベルトで腕や脚の付け根を締め付けながら行うトレーニングのことです。圧力をかけることで血流が一時的に悪くなりますが、悪くなった血流を改善するため普段あまり使われていない血管が使われるようになり、加圧後の血流が改善されるそうです。また、血流が悪くなっているため、筋肉が付加を過大に考えてしまい、少ない付加でも強い刺激を与えることができます。このように、加圧によってトレーニング効率をあげることが加圧トレーニングですが、その基本は普通のトレーニングと変わりません。つまり、筋肉を破壊することにより成長ホルモンを分泌させ、筋肥大させることが目的となっています。筋トレの基本は筋肉の破壊と超回復です。
では超回復を促すためにはどのようなことすれば良いのでしょうか。その答えは、筋肉に栄養を与えることです。そしてその栄養とはたんぱく質であり、主に肉類に多く含まれています。最近ではプロテインがドラッグストアなどで売られており、これを利用するのも効果的です。とにかく、トレーニング効率をあげるにはたんぱく質の摂取が重要なのです。

超回復に必要な栄養素とは

加圧トレーニングをしたことがありますか?加圧トレーニングはダイエットなどにも有効だと話題になっており、聞いたことのある方も多いと思います。しかし、この加圧トレーニングは特別なことではなく、普通のトレーニングと変わりません。というのも、筋肉を破壊することにより、筋繊維をより強くすることを目的としている点で、加圧トレーニングもその他のトレーニングも同じだからです。ただ単に、筋肉を破壊するための方法が特殊なだけです。加圧トレーニングでは、ベルトなどで圧力をかけることで血流を悪くし、筋肉への刺激を強くしています。そのため、他のトレーニングよりも軽い付加で強い刺激を与えることができるのです。
ではどうすれば破壊した筋肉をより太く再生できるのでしょうか。筋肉が再生するためにはタンパク質が必要であり、タンパク質を多く摂取することが筋肉の再生には重要です。そのため、トレーニング後には肉や大豆などをたくさんとることをおすすめします。やはり強い体をつくるには食事が重要なのですね。